春を眺める余裕もなく

泉谷しげるの唄、「春夏秋冬」の中で「春を眺める余裕もなく」の一説が有りますが正にこの春の私は地域の役(2年に渡るイノシシ対策)で多忙・・気づいたらプラム・桃の花と・・春でした。