神からの試練

日照り続きで水道組合の山の原水はかカラカラ・・先人たちが50数年前に更に山奥に第二の原水を準備・・(長老の話ではこんな事はかつてなしとの事)今回初めてこの原水を注入・・それでも貯水槽に溜まらない???調査したら送水管の途中破損水漏れ!!なんとダブルでの渇水!!緊急修理で正常値へ・・あれから一週間、何とか断水を免れ、今回の台風の雨のお陰で正常な簡易水道に戻った!この間、寝ても覚めても水道の事ばかり(組合員の迷惑をかけたくない)サラリーマン時代もプレッシャーと戦いましたが今回は自分の力ではどうしようもない天任せ!!「神からの試練だつたのか」お陰であらゆる体制を整えることが出来た!これからは怖いもの知らずだ・・一方、皮肉にも私の生まれ故郷山形県大蔵村では先日の大雨水害で部落が孤立!一人暮らしの体の不自由な兄が無事介護所に避難!!なんと理不尽な気候変動なんだ!!!